脇腹の痛みや性病などは医療機関への相談がおすすめ

性病は性交渉をすることで発症しますが、初期段階では自覚症状がない場合があります。脇腹などの痛みや違和感を感じることもあり、誰でも感染する可能性を持っていることが特徴です。医師と相談してコンドームなどで予防することが一番です。日本人に多い性病として一番がクラミジアです。知らない間に体が蝕まれていくため、性病を持っている人と性交渉をしたと感じる人や疑いがある人は早めに検査をすることがおすすめです。感染症には空気感染や、飛沫感染などがありますが性病に関しては性交渉のみで感染します。接吻をしても、同じ風呂に入っても感染しないため適切な知識を持って対応する必要があります。日常生活では感染することはないため感染している人がいても普段通りに接することができます。感染することによって尿道炎や膿などが出てくる可能性がありますので注意が必要です。初めての人は対処が分からないため戸惑いますが、医療機関で医師と相談することによって解決します。クラミジアは男性の約半分が無症状であるため気づかないケースがあります。放置しておくことによって睾丸にまで菌が入り込むことがありますので早めの対処をすることが必要です。睾丸内が炎症を起こして腫れあがる時があります。女性は悪臭の強いおりものになる場合があり、かゆみなども伴いますので少しの異常でも診察しに行くことが一番です。妊娠している女性に関しては妊婦検診をきちんと行っておくことによって赤ちゃんへの影響を未然に防ぐことが出来ます。性病のままで出産してしまうと肺炎や失明の危険性が出てきて、最悪の場合は死に至るケースがありますので入念な検査が必要です。特定のパートナーとの性交渉が大切です。