Amazonでも解決できる先天性の性病について

Amazonを利用して抗生物質などの書物を気軽に購入することが出来るようになっております。先天性の性病には抗生物質を利用することによって感染を防ぐことが出来ます。ほとんどは菌をもった男性の性交渉をすることによって性病にかかります。そのため、適切なケアをして衛生的な性交渉を行うことが感染症予防にも不可欠です。中でもクラミジア感染症は性病の中でも最も多く、18歳から19歳の女性の10人に一人はクラミジアと診断されております。クラミジアは不正性器出血をしたり、腹痛を起こしたりします。男性に関しては排尿時に痛みを感じることがありますので放置せずにきちんとした医療機関に受診することが必要です。抗生物質を1から2週間摂取することによって治療できます。3人に一人は自覚症状がないため、気づかないうちに進行している可能性があります。女性は放置することで不妊症になる可能性もあるため注意する必要があります。おりものの性状が変わったり、排尿時の痛みや違和感を感じたらすぐに医療機関へ受診することが必要です。予防としてはコンドームしかないため嫌がらずにきちんとした避妊を行うことがおすすめです。梅毒に関しては主に性交渉ですが、接吻や小さな傷口からも感染する可能性があります。潜伏期間がありますので痛みですぐに気づくことがなく、リンパ節の腫れや赤い斑点などで気づくことがほとんどです。先天性の梅毒もあり、胎盤を通して胎児に感染するため、感染した胎児は流産して死亡します。そのため、きちんと治療して妊娠する必要があります。先天梅毒は梅毒反応で陽性反応が出ますので医療機関できちんと検査をすることで防ぐことができ、治療することができます。